MENU
  • 2021/03/31
    遺伝情報を守るメカニズムを発見 ―DNAを素早くコピーすることが遺伝情報の安定な維持に大切―(3月31日)(ゲノム再生研究分野)
    ゲノム再生研究分野の小林武彦教授らのグループは、細胞周期の進行、特にDNA複製の開始を司るClb5タンパク質をもたない出芽酵母の細胞では、リボソームRNA反復遺伝子の一部が削られたり増幅したりしてDNAが不安定になることを発見しました。
  • 2021/03/31
    肝硬変に対するエクソソームを用いた新たな治療法の可能性 -肝硬変への新たな再生医療を目指して -(3月31日)(発生・再生研究分野、ゲノム情報解析研究分野)
    新潟大学の寺井崇二教授、土屋淳紀講師、竹内卓特任助教は、発生・再生研究分野の宮島篤特任教授、ゲノム情報解析研究分野の白髭克彦教授らとの共同研究により、日本に患者が40万人程度いると考えられる肝硬変に対し、間葉系幹細胞から産生され非常に小さく、安定な細胞外小胞・エクソソームがマクロファージを介して治療効果を発揮することを明らかにしました。
  • 2021/03/26
    転写の「揺らぎ」から遺伝子発現の空間パターンが生み出される仕組みを解明(3月23日)(遺伝子発現ダイナミクス研究分野)
    遺伝子発現ダイナミクス研究分野の深谷 雄志講師は、ゲノム編集技術と独自のライブイメージング技術を組み合わせることで、生きたショウジョウバエ初期胚における転写バーストを直接可視化する実験系を新たに構築しました。
  • 2021/02/17
    精子形成に重要なヒストンによるDNAの新たな折りたたみを解明!(2月16日)(クロマチン構造機能研究分野)
    クロマチン構造機能研究分野の平野里奈 大学院生、胡桃坂仁志 教授らの研究チームは、金沢大学ナノ生命科学研究所の柴田幹大 准教授、京都大学複合原子力科学研究所の杉山正明 教授らとの共同研究で、精子形成に重要なヒストンタンパク質H2A.Bが、DNA折りたたみの基盤構造であるヌクレオソームをダイナミックに構造変換する様子を世界で初めて解明しました。
  • 2020/12/18
    免疫・感染制御研究分野の新藏教授がCatalyst Award賞を受賞
    免疫・感染制御研究分野の新藏教授がCatalyst Award賞を受賞しました
  • 2020/11/06
    免疫・感染制御研究分野 新藏礼子教授のFSI登録プロジェクトがUTokyo FOCUSで紹介
    免疫・感染制御研究分野の新藏 礼子教授の未来社会協創推進本部(FSI)登録プロジェクトが、UTokyo FOCUSで紹介されました。
  • 2020/11/06
    ゲノム再生研究分野 小林武彦教授らの論文が日本遺伝学会誌「Genes & Genetic Systems (GGS)」優秀論文賞2020に選出
    ゲノム再生研究分野の小林 武彦教授、佐々木 真理子助教、若月 剛さん(大学院生:研究当時)の論文が、日本遺伝学会誌「Genes & Genetic Systems (GGS)」優秀論文賞2020に選出されました。
  • 2020/11/06
    クロマチン構造機能研究分野 胡桃坂仁志教授が2020年度 持田記念学術賞を受賞
    クロマチン構造機能研究分野の胡桃坂 仁志 教授が2020年度持田記念学術賞を受賞しました。