最近の研究成果

コヒーシン遺伝子変異による白血病発症の機序を解明〜
(ゲノム情報解析研究分野)

白髭 克彦(東京大学定量生命科学研究所 ゲノム情報解析研究分野 教授)
Cancer Discovery

発表概要

急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群は血液のがんで、現在でも根治の難しい難治性の病気です。正常な血液細胞が遺伝子変異を獲得することで白血病を発症しますが、近年、本研究グループより新規コヒーシン遺伝子注1変異が10-20%の白血病に認められることを報告しました。しかし、コヒーシン変異がどのように白血病を引き起こすかは、十分に分かっていません。さらに、がん細胞にしばしば複数の遺伝子変異が蓄積していることも分かってきましたが、複数の変異が発がんに関わる機序についても、不明な点が多く残されています。

今回、京都大学大学院医学研究科・腫瘍生物学講座 小川誠司 教授、越智陽太郎 同特定助教、マサチューセッツ工科大学・コーク癌総合研究所 鈴木洋 客員研究員、東京大学定量生命科学研究所・ゲノム情報解析研究分野 白髭克彦 教授、東京大学医科学研究所附属ヒトゲノム解析センター 宮野悟 教授らを中心とする研究チームは、3,000症例以上の白血病の大規模なゲノム解析、ノックアウトマウスの解析、更に次世代シーケンサーを活用した統合的エピジェネティック解析注2を実施しました。その結果、

(1)コヒーシンの一つであるSTAG2遺伝子変異が、RUNX1遺伝子変異と高頻度に共存すること、

(2)これらの遺伝子の両方に異常が生じることで、骨髄異形成症候群を発症すること、

(3)コヒーシン変異が染色体の3次元構造の変化などのエピジェネティックな異常を引き起こし、更にRUNX1変異が加わることでその異常が加速し、発がんに至ること、

などを解明しました。

 

 

詳しい内容はこちら

雑誌名等

雑誌名:Cancer Discovery
論文タイトル:Combined Cohesin-Runx1 Deficiency Synergistically Perturbs Chromatin Looping and Causes Myelodysplastic Syndromes
著者:Yotaro Ochi1,2, Ayana Kon1, Toyonori Sakata3, Masahiro M Nakagawa1, Naotaka Nakazawa4, Masanori Kakuta5, Keisuke Kataoka1, Haruhiko Koseki6, Manabu Nakayama7, Daisuke Morishita8, Tatsuaki Tsuruyama9, Ryunosuke Saiki1, Akinori Yoda1, Rurika Okuda1, Tetsuichi Yoshizato1, Kenichi Yoshida1, Yusuke Shiozawa1, Yasuhito Nannya1, Shinichi Kotani1,2, Yasunori Kogure1, Nobuyuki Kakiuchi1, Tomomi Nishimura1, Hideki Makishima1, Luca Malcovati10,11, Akihiko Yokoyama12, Kengo Takeuchi13, Eiji Sugihara14, Taka-aki Sato14, Masashi Sanada15, Akifumi Takaori-Kondo2, Mario Cazzola10,11, Mineko Kengaku4,16, Satoru Miyano5, Katsuhiko Shirahige3, Hiroshi I Suzuki17*, and Seishi Ogawa1,18,19*
DOI番号:未定

問い合わせ先

小川 誠司(おがわ せいし)
京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座 教授

越智 陽太郎(おち ようたろう)
京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座 特定助教

白髭 克彦(しらひげ かつひこ)
東京大学定量生命科学研究所ゲノム情報解析研究分野 教授