piRNAはどのようにつくられるのか?(1月30日)
(RNA機能研究分野)

piRNA(PIWI-interacting RNA)はわずか30塩基程度の小さなRNA(注1)です。しかしこの小さなRNAは、生殖細胞のゲノムを守るという大きな役割を果たしており、人間を含めた動物が存続するためには必須の因子です。また近年では、piRNAが、ガンを含めたさまざまな生命現象に関わっていることも分かってきています。このようにpiRNAの重要性は明らかである一方、どのようにpiRNAがつくられ機能するのかといった基本的な部分については、関与する個別の因子は分かりつつあるものの、それらの関係性や全体像の理解には未だ程遠い状況にあります。特にpiRNA産生の中核因子と目される切断因子「Zucchini(ズッキーニ)」は、生体内と試験管内でのふるまいが一見矛盾しており、そのことがpiRNA研究者を混乱させ、理解を妨げていました。

今回、東京大学定量生命科学研究所の泉 奈津子助教、庄司 佳祐特任助教、泊 幸秀教授らの研究チームは、ZucchiniによるpiRNA前駆体の産生を試験管内で正確に再現することに成功しました。さらにZucchiniがはたらく際に必要な新しいルールを発見しました。本研究成果は、piRNA研究の分野でボトルネックになっていた問題を解消し、piRNA産生メカニズムの統一的な説明を可能にするものであり、これによりpiRNA経路の理解が大きく前進することが期待できます。

詳しい内容はこちら