研究分野の概略

肝臓等の組織の病態や再生のメカニズム解析より得られた知見を活かし、組織幹細胞や体性幹細胞を用いた再生医療の実現を目指した検討や、これら幹細胞を用いた創薬等に関する研究を推進し、新しい治療法や薬の開発に貢献します。

研究内容の紹介

肝疾患や再生のメカニズムと幹細胞生物学の理解にもとづく、新たな治療法の開発と創薬

● 肝臓の病態・再生のメカニズムの解明
我々はこれまでに、肝臓の組織幹/前駆細胞をはじめとする各種構成細胞を同定・分離・培養するシステムを開発してきました。それら細胞間の有機的な相互作用の解析を通じて、肝臓の病態や再生のメカニズムの解明に取り組んでいます。
● 胆管リモデリングのメカニズムと生理的意義の解明
障害をうけた肝臓では組織幹/前駆細胞の活性化が誘導されると考えられていますが、その実態が肝内の胆管上皮樹状組織のダイナミックな構造変化(胆管リモデリング)であることを我々は発見・報告しました。こうした現象の誘導・制御メカニズムと肝再生における役割についての解析を進めています。
● 肝疾患モデル等を用いた幹細胞及び幹細胞由来分化細胞の薬効評価及び作用機序の解明
既にヒトへの臨床応用が進んでいる間葉系幹細胞や、幹細胞由来分化細胞等を用いて、マウス肝疾患モデル等に対する治療効果を検証するとともに、その作用機序を明らかにする研究に取り組んでいます。

論文一覧

  1. Okada H, Yamada M, Kamimoto K, Kok CY, Kaneko K, Ema M, Miyajima A, Itoh T. The transcription factor Klf5 is essential for intrahepatic biliary epithelial tissue remodeling after cholestatic liver injury. J Biol Chem. 2018 Apr 27;293(17):6214-6229. doi: 10.1074/jbc.RA118.002372.
  2. Katsumata LW, Miyajima A, Itoh T. Portal fibroblasts marked by the surface antigen Thy1 contribute to fibrosis in mouse models of cholestatic liver injury. Hepatol Commun. 2017 Mar 22;1(3):198-214. doi: 10.1002/hep4.1023.
  3. Kamimoto K, Kaneko K, Kok CY, Okada H, Miyajima A, Itoh T. Heterogeneity and stochastic growth regulation of biliary epithelial cells dictate dynamic epithelial tissue remodeling. Elife. 2016 Jul 19;5. pii: e15034. doi: 10.7554/eLife.15034.
  4. Kaneko K, Kamimoto K, Miyajima A, Itoh T. Adaptive remodeling of the biliary architecture underlies liver homeostasis. Hepatology. 2015 Jun;61(6):2056-66. doi: 10.1002/hep.27685.
  5. Miyajima A, Tanaka M, Itoh T. Stem/progenitor cells in liver development, homeostasis, regeneration, and reprogramming. Cell Stem Cell. 2014 May1;14(5):561-74. doi: 10.1016/j.stem.2014.04.010.