研究分野の概略

ヒト初期発生過程において遺伝子発現はダイナミックに制御されており、先天異常症候群の原因遺伝子の多くは、発生過程に重要な役割を果たす転写制御因子です。我々は先天異常症候群をモデルに遺伝子発現制御機構の解明を目指します。

研究内容の紹介

先天異常症候群の研究から、発生過程における遺伝子発現制御機構の解明を目指します。

ヒト初期発生過程において遺伝子発現がダイナミックに制御されていることは知られており、先天異常症候群の原因遺伝子の多くは、発生過程に重要な役割を果たす転写制御因子です。しかしながら、それら転写制御因子がどのように協調して遺伝子発現制御を行っているかは完全には解明されていません。近年、次世代シーケンサーを用いたエクソーム解析といった網羅的遺伝子検査技術が導入され、先天異常症候群の新規原因遺伝子の同定が容易になってきています。その結果として多くの転写制御因子をコードする遺伝子の変異により先天異常症が発症することがわかってきました。しかしながら、その転写制御因子の異常による病態発症メカニズムは大部分が謎のままです。先天異常が未だに新生児死亡の原因の上位であることからも、先天異常発症機構を理解する上でも、先天異常症候群の病態機構解明は喫緊の課題といえます。我々の研究室では、CHOPS症候群やARCN1関連症候群等の新規先天異常症候群をモデルにヒト初期発生に重要な役割を果たす遺伝子発現制御機構の解明を目指しています。

論文一覧

  1. Izumi K., Nakato R., Zhang Z., Edmondson AC., Noon S., Dulik MC., Rajagopalan R., Venditti CP., Gripp K., Samanich J., Zackai EH., Deardorff MA., Clark D., Allen JL., Dorsett D., Misulovin Z., Komata M., Bando M., Kaur M., Katou Y., Shirahige K., Krantz ID. (2015) “Germline Gain-of-Function Mutations in AFF4 Cause a Developmental Syndrome Functionally Linking the Super Elongation Complex and Cohesin” Nat Genet. 47(4):338-44.
  2. Izumi K. (2016) “Disorders of Transcriptional Regulation: An Emerging Category of Multiple Malformation Syndromes” Mol Syndromol. 7(5):262-273.
  3. Izumi K, Brett M, Nishi E, Drunat S, Tan ES, Fujiki K, Lebon S, Cham B, Masuda K, Arakawa M, Jacquinet A, Yamazumi Y, Chen ST, Verloes A, Okada Y, Katou Y, Nakamura T, Akiyama T, Gressens P, Foo R, Passemard S, Tan EC, El Ghouzzi V, Shirahige K. (2016) “ARCN1 Mutations Cause a Recognizable Craniofacial Syndrome Due to COPI-mediated Transport Defects” Am J Hum Genet. 99(2):451-9.
  4. Iwata-Otsubo A, Ritter AL, Weckselbatt B, Ryan NR, Burgess D, Conlin LK, Izumi K. (2018) “DOCK3-related neurodevelopmental syndrome: Biallelic Intragenic Deletion of DOCK3 in a Boy with Developmental Delay and Hypotonia” Am J Med Genet. 176 (1) 241-245.
  5. Ritter AL, Mcdougall C, Skraban C, Medne L, Bedoukian EC, Asher SB, Balciuniene J, Campbell CD, Baker SW, Denenberg EH, Mazzola S, Fiordaliso SK, Krantz ID, Kaplan P, Ierardi-Curto L, Santani AB, Zackai EH, Izumi K. (2018) “Variable Clinical Manifestations of Xia-Gibbs syndrome: Findings of Consecutively Identified Cases at a Single Children’s Hospital” Am J Med Genet. 176(9):1890-1896.
泉 幸佑 客員准教授
Kosuke Izumi