環境安全部門

当部門は安全衛生管理全般を行うべく組織された。改組直後の現状では環境安全管理室として機能し、環境安全本部の連携の下に、労働安全衛生法の定める安全衛生管理全般(放射線同位元素の管理を除く)を遂行し、所の研究に関連する法規の遵法状況を監督している。活動内容は、化学物質・高圧ガス・機器・作業・作業環境の管理、安全衛生教育、安全情報の提供、事故防止、巡視・点検・その報告と記録管理、事故対応と事故報告、各種届出など多岐に亘る。このため随時所内に情報を発信する他、所や研究室に調査を行い、必要な報告、対応、指導を行っている。また、研究室の求めに応じて助言、試薬や実験廃棄物の排出、安全対策などを広く行っている。