奥山准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

  東京大学定量生命科学研究所 行動神経科学研究分野 奥山 輝大 (おくやまてるひろ)准教授が、平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞(文部科学省)を受賞いたしました (表彰式は2019年4月17日)。本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者に対し表彰されています。 

 奥山輝大准教授は、2006年本学理学部生物学科卒業、2011年本学理学系研究科生物科学専攻を修了(博士[理学])、本学理学系研究科生物科学博士研究員、マサチューセッツ工科大学 ピカワー学習記憶研究所 博士研究員を経て、2017年12月より当所准教授を務めております。

 研究テーマは、「社会性記憶とその行動発現を司る神経メカニズムの研究」です。