【受賞ニュース】鯨井智也助教が2018年日本生化学会JB論文賞を受賞

東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野 鯨井 智也(くじらい ともや)助教が2018年日本生化学会JB論文賞を受賞しました。同賞は国際誌The Journal of Biochemistry誌に掲載された優れた論文の著者を顕彰するものです。今回の賞は”Influence of polynucleosome preparation methods on sedimentation velocity analysis of chromatin.”に対して与えられました。

鯨井助教は早稲田大学大学院先進理工学研究科の博士課程を修了したのち、2018年より当所助教を務めております。