定量生命学研究所について

~物理量に基づいた生命現象への新たなアプローチ~
  生命のしくみを実験と数学で解き明かす

2018年4月1日に新たな研究所として「定量生命科学研究所(IQB*,定量研)」が発足しました。IQBでは生命動態をより定量的に記述する最先端研究をめざすべく、「生体機能分子の動的構造と機能の解明」を共通のキーワードとし、ミッションを明確化した4つの研究領域が設置されます。これまでにもまして構造生物学、ゲノム科学を駆使し、さらに数理、物理、情報、人工知能研究を柔軟に取り入れ、定量性を徹底的に重視した方法論に基づいた新しい生命科学研究を展開します。
IQBでは研究の再現性を何よりも大切にし、透明性の高い自由闊達な研究環境の確保のために不断の努力を続けるとともに、生命科学の発展に寄与していきます。

*IQB: Institute for Quantitative Biosciences