MENU
  • 2019/12/06
    定量生命科学研究所セミナー 12月13日
    日時:令和元年12月13日(金)10:30-11:30 場所:東京大学定量生命科学研究所 生命科学総合研究棟 B 301号室 講師:Dr. Jan S. Tchorz (Novartis Institutes for BioMedical Research,Novartis Pharma AG, Basel, Switzerland) 演題:Liver Stem Cells – Fact or Fancy
  • 2019/12/05
    ジョイントセミナー 12月13日
    日時:2019年12月13日(金)16:00-18:00 場所:薬学系総合研究棟10階、E10セミナー室 【主催】 ・薬学系研究科 免疫・微生物学教室、堀昌平 ・定量生命科学研究所 分子免疫学研究分野、岡崎拓(内線:27844)
  • 2019/11/18
    定量生命科学研究所セミナー 12月19日
    日時:令和元年12月19日(木)16:30-18:00 場所:東京大学定量生命科学研究所 生命科学総合研究棟 B棟301号室 講師:竹俣 直道 博士(postdoctoral fellow,Stephen D. Bell Lab, Indiana University) 演題:Evolution of chromosome folding: insights from archaea
  • 2019/11/15
    定量生命科学研究所 技術(専門)職員 ※締切 12月13日
    定量生命科学研究所 技術(専門)職員を4名募集します。
  • 2019/11/01
    新藏礼子教授が日本免疫学会女性免疫研究者賞を受賞
    東京大学定量生命科学研究所免疫・感染制御研究分野 新藏 礼子(しんくら れいこ)教授が、第6回(2019年度)女性免疫研究者賞(特定非営利活動法人 日本免疫学会)を受賞されました。本賞は、免疫学の分野で顕著な業績・貢献を挙げた女性研究者に対し顕彰し、今後の活躍・促進を奨励するために授与されます。 今回の賞は「腸管IgA抗体による腸内細菌制御機構の解明」に与えられたものです。
  • 2019/10/01
    クロマチン構造機能研究分野 西村 正宏さん(D1)が第52回生命科学夏の学校にて優秀発表賞を受賞
    令和元年8月30日-9月1日にかけて定山渓ビューホテル本館で開催された「第52回生命科学夏の学校」において、クロマチン構造機能研究分野所属の博士1年・西村正宏(にしむら まさひろ)さん (写真:左端) が優秀賞を受賞しました。演題は「転写因子p53のヌクレオソーム結合能に関する生化学的解析」です。
  • 2019/10/01
    クロマチン構造機能研究分野 西村 正宏さん(D1)が第92回日本生化学会大会にて若手優秀発表賞を受賞
    令和元年9月18日-20日にパシフィコ横浜で開催された第92回日本生化学会大会において、クロマチン構造機能研究分野の博士1年・西村正宏(にしむら まさひろ)さんが「転写因子p53によるヌクレオソーム中のDNA認識機構」というタイトルで、若手優秀発表賞を受賞しました。
  • 2019/10/01
    鯨井助教が2019年度日本生化学会奨励賞を受賞
    定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野 鯨井 智也(くじらい ともや)助教 (写真: 右端)が、2019年度日本生化学会奨励賞を受賞しました。 同賞は生化学の進歩に寄与する顕著な研究を発表し、なお将来の発展を期待し得る日本生化学会員を顕彰するためのものです。