~物理量に基づいた生命現象への新たなアプローチ~
生命のしくみを実験と数学で解き明かす

 

2018年4月1日に新たな研究所として「定量生命科学研究所(IQB*,定量研)」が発足します。IQBでは生命動態をより定量的に記述する最先端研究をめざすべく、「生体機能分子の動的構造と機能の解明」を共通のキーワードとし、ミッションを明確化した4つの研究領域が設置されます。これまでにもまして構造生物学、ゲノム科学を駆使し、さらに数理、物理、情報、人工知能研究を柔軟に取り入れ、定量性を徹底的に重視した方法論に基づいた新しい生命科学研究を展開します。IQBでは研究の再現性を何よりも大切にし、透明性の高い自由闊達な研究環境の確保のために不断の努力を続けるとともに、生命科学の発展に寄与していきます。

*IQB(アイキューブ): Institute for Quantitative Biosciences

NEWS

ニュース展開

Greeting所長挨拶

 定量生命科学研究所(IQB)は平成30年4月1日に分子細胞生物学研究所(分生研)からの改組により誕生しました。物理量により、あらゆる生命動態を記述できるような先端的研究をめざすべく、構造生物学、ゲノム学を駆使し、数学、物理、化学、量子化学などを柔軟に取り入れ、定量性と再現性を最重要視した新しい生命科学研究を展開します。

21世紀の生物学ではヒトゲノムプロジェクトによって2つの大きな変革がもたらされました。まず、第一に、ヒトおよびマウス、ハエ、酵母等モデル生物のゲノム塩基配列が全て明らかになり、生命を構成する因子が少なくとも有限なものとなりました。第二に、全ゲノムレベルでタンパク、DNA、RNA、代謝物、さらにそれらの相互作用を解析するための網羅的計測技術が開発されました。これらの技術は日進月歩の進歩を遂げており、さらなる先進的な測定技術の登場やデータベースの充実化へとつながっています。そして、現在の生命科学では、こういった膨大かつ多様なデータを統合的に解釈し、多角的に丸ごと生命現象を捉えモデル化するデータ駆動型の研究を行うことが可能となりました。このような研究は基本的な生命現象の解明のみならず社会的な要請となっている効率的な創薬、治療、診断といった臨床応用の側面でも必須となっています。また、データ駆動型研究を展開するためには、実験データの高い再現性、定量性が前提となることは言うまでもありません。一方、生物系の研究はややもすればストーリー先行になりがちであり、そういう研究の中には再現性の低い、杜撰な方法論に基づいた研究が多いのも事実です。

このような背景のもと、定量生命科学研究所では、分生研時代の研究の卓越性と多様性を担保しつつ、個別研究の枠を取り払い、既存手法の刷新も含めた、より定量性を重視した新たな方法論を開発、所内外と広く共有しつつ研究を発展させて参ります。研究環境のソフト面、ハード面からのオープン化は当然のこととして、国内外の大学、研究機関、企業との連携も積極的に展開します。原子、分子、細胞、組織、個体それぞれの階層を繋ぎながら生命現象を様々な角度から詳細に記述し、生体分子の動作原理を高い精度で解明します。研究の再現性を何よりも大切にし、透明性の高い自由闊達な研究環境の確保と若手研究者の育成のための不断の努力のもとに、基礎生物学、医学生命科学の発展に寄与していく所存です。どうかよろしくお願いします。

平成30年4月1日
⽩髭 克彦

Organization組織図

  • 所 長 Director
    Advisory Council
    • 先端定量生命科学研究部門 Research Division for Quantitative Life Sciences
    • 応用定量生命科学研究部門 Research Division for Applied Life Sciences
    • 生命動態研究センター Research Center for Biological Visualization
    • 高度細胞多様性研究センター Research Center for Cellular Dynamics
      • 分子情報研究分野 Laboratory of Molecular and Genetic Information
      • 発生・再生研究分野 Laboratory of Cell Growth and Differentiation
      • 発生分化構造研究分野 Laboratory of Developmental Biology
      • RNA機能研究分野 Laboratory of RNA Function
      • 行動神経科学研究分野 Laboratory of Behavioral Neuroscience
      • 幹細胞制御研究分野 Laboratory of Stem Cell Regeneration
    • 研究教育プログラム Research and Education Program
    • 研究倫理推進室 Office for Research and Ethics Promotion
      • 研究倫理部門 Division of Research Ethics
      • 研究推進部門 Division of Research Promotion
      • 環境安全部門 Division of Health and Safety
      • RI管理部門 Division of Radiation Control
    • 中央実験室 Central Laboratory
    • 学生支援室 Student Support Office
    • 事務部 Administrative Office
      • 事務長 General Manager
        • 総務チーム General Affairs Team
        • 財務会計チーム Financial Accounting Team
  • 連携研究機構 Integrated Research Systems
    • 放射光分野融合国際卓越拠点 Synchrotoron Radiation Research Organization
    • ライフサイエンス連携研究教育拠点 Institute for Life Science Research and Education
    • 微生物科学イノベーション連携研究機構 Collaborative Research Institute for Innovative Microbiology

Students大学院進学のご案内

IQBでは教員がそれぞれ担当の大学院に所属しており、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻、物理学専攻、新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻、先端生命科学専攻、薬学系研究科、総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系、医学系研究科分子細胞生物学専攻、農学生命科学研究科応用生命工学専攻の大学院教育を受けることができます。
研究科の枠を越えた最先端研究やさまざまな価値観をぜひ身近に感じてください。

Q&A

Q.大学院生として教育を受けたい時は?
A.志望する研究科の大学院入試に合格する必要があります。
Q.研究室訪問はできる?
A.可能です。興味ある研究分野の代表者に電話やメールで連絡してください。
Q.外部学生は受け入れている?
A.もちろん受け入れています。
Q.大学院生の男女比はどのくらい?
A.男女比は約2:1です。近年、女性が増えています。
Q.大学院生は何人くらい在籍してる?
A.修士課程と博士課程の大学院生は合計70人くらいが在籍しています。

受験先一覧

理学系研究科生物科学専攻

  • 神経生物研究分野
    多羽田 哲也 教授
  • ゲノム再生研究分野
    小林 武彦 教授
  • 膜蛋白質解析研究分野
    豊島 近 教授
  • クロマチン構造機能研究分野
    胡桃坂 仁志 教授

新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻

  • RNA機能研究分野
    泊 幸秀 教授
  • 蛋白質複合体解析研究分野
    深井 周也 准教授
  • 幹細胞制御研究分野
    田中 稔 准教授
  • 神経ネットワーク研究分野
    伊藤 啓 准教授
  • 免疫・感染制御研究分野
    新藏 礼子 教授

薬学系研究科

  • 発生分化構造研究分野
    堀越 正美 准教授
  • 生体有機化学研究分野
    橋本 祐一 教授
  • 治療戦略研究分野
    石川 稔 准教授

医学系研究科分子細胞生物学専攻

  • ゲノム情報解析研究分野
    白髭 克彦 教授
  • 行動神経科学研究分野
    奥山 輝大 准教授

医学系研究科病因・病理学専攻

  • 免疫・感染制御研究分野
    新藏 礼子 教授

総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系

  • 神経ネットワーク研究分野
    伊藤 啓 准教授
  • ゲノム情報解析研究分野
    白髭 克彦 教授
  • 病態発生制御研究分野
    岡田 由紀 准教授
  • 遺伝子発現ダイナミクス研究分野
    深谷 雄志 講師

Accessアクセス・お問い合わせ

 

所在地

〒113-0032
東京都文京区弥生1-1-1

TEL: (03)5841-7802 (総務チーム)
E-mail: website-wg [at] iam.u-tokyo.ac.jp
※ [at] を@に変換して下さい

 

アクセスマップ

最寄り駅 所要時間
根津駅(地下鉄千代田線) 徒歩10分
東大前駅(地下鉄南北線) 徒歩5分

 

 

 

キャンパスマップ